医療用蓄電池ナビ » 医療用・医療向けの蓄電池・非常用電源のメーカー会社リスト » ナユタ

公開日: |更新日:

ナユタ

nayuta
引用元HP:NAYUTA公式(http://www.nayuta-co.jp/tag/蓄電池/)

ここでは、ナユタが手がける純国産の医療用蓄電池「CUBOX」について、製品や企業の特徴を紹介します。

ナユタの
医療向け蓄電池の特徴

CUBOX

すべて純国産の信頼品質

CUBOXは、静岡県浜松市にある電源専門メーカー、(株)ナユタが手がける製品です。そのため、電子電源基盤はナユタオリジナルで開発したものを使用しています。

またリチウムイオン電池はパナソニック製品、外装の製造や組み立て検査は浜松市内の企業で行うなど、どこをとっても純国産であるため、製品に不具合が生じた際に迅速かつ的確に対応できることが強みです。

持ち運びも可能なコンパクトサイズ

CUBOXは小さな診療所でも場所を取りにくい、コンパクトなサイズ感と軽さを実現しています。また取手がついた可搬式であることから、災害時に運び出すことも容易。カバーがついているので、寒冷地でも問題なく使用できます。

さらに、使用可能時間が15時間(220Wの場合)と長いため、突然の停電があってもしっかり対応できる安心感もポイントです。

CUBOXの主なスペック

製品名 CUBOX3.3kWh
定格出力電圧/電力 AC100/1,500VA
(正弦波)
蓄電容量 3,300Wh
使用可能
時間
約15時間
(220W使用時)
充電時間 12時間(80%充電)、
18時間(満充電)
切替時間 20ms(0.02秒)以内
外形寸法 w260mm×d724.4mm×h512mm
質量 68kg

ナユタの特徴

小型製品を産み出せる強み

1993年の設立当初から「電気エネルギーの効率の良い変換を実現する」を目標に、多分野にわたって特殊電源を手がけてきたナユタ。医療機器用だけでなく、システムバス用、自動演奏ピアノ用、音響機器用、警備機器用などさまざまな電源を開発・生産しています。

中でも、電源を小型化することに成功した超音波診断装置の電源開発に携わった経験は、ナユタがあらゆる特殊電源を開発する転機になったのだとか。電源を小型化することによって、製品自体の小型化までも実現できるようになったナユタの製品。医療用蓄電池を含めたその他の製品についても、小型化が実現できることはナユタの大きな強みでしょう。

「自然との共生」をテーマに
した省エネへの取り組み

ナユタは、「自然との共生」をテーマにしている会社です。エネルギー効率の良い特殊電源の設計・製造を行うことで、限りある資源や地球の緑を保持する、グリーンエコの実現を目指しています。

また、ISO14001規格に基づいた環境マネジメントシステムの構築や、製品に含まれる環境負荷物質を適正に管理・削減することによっても、環境への配慮を行っています。小型化を意識した製品を設計しているのは、省エネを実現するだけでなく、限りある資源を大切にするためでもあるのでしょう。

ナユタの会社情報

社名 株式会社 ナユタ
設立年 1993年
資本金 5,000万円

関連ページ

医療用蓄電池ナビ

医療用・医療向けの蓄電池・非常用電源のメーカー会社リスト
CONNEX SYSTEMS
伊藤忠商事
TDKラムダ
エスエムアイ
FDK